森田建築は日本の伝統工法、こだわりの本格木造注文住宅を創ります。

トップページ » 親方ブログ

明けましておめでとうございます。


明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

本年は去年以上に力を入れ取り組んでいきたいと思います。

私も色々な方針等試行錯誤して考えています。

急に大きくなるのは資金を掛ければ容易ですが、やはり自然な流れで徐々に

業務拡大して行くのが私共には合っている様な気がします。

今年1年は安定した受注を目指しそれでいて従業員も確保しつつ

色々な事にチャレンジして行きます。

応援よろしくお願い致します。

放課後児童クラブ


放課後児童クラブからの依頼で下駄箱増設です。

新1年生が増えた為、下駄箱の数が足りなくなったと。

本来は長持ちさせる為良材を使用したかったのですが予算が許されずに

ランバー材での製作となりました。

教育課さんもう少し予算を出して下さいよ~(笑)

ランドセル用棚も見積もりましたがそちらは後日という事に・・・・・

塗装は私が木取りしながらやりました。

ボランティア仕事となりましたが、子供達の為なのでOKですね~^^

後は取り付け日を決めてもらうだけですね。

大事に使ってね~~~

 

地震


この度は熊本県及び九州の方々には心よりお見舞い申し上げます。

これからも大変かと思いますが復興に掛け頑張って下さい。

自身の出来る事で協力させて頂きます。

自然災害は急に来るので防災対策は欠かせません。

静岡もいつ来るのか分かりません。

ずっと言われ続けていますが中々現実とならないので徐々に緊張感も失われつつあります。

当然現実にならない事を祈っています。

木造の建物も今は剛構造中心ですが、昔の柔構造も見直されてきているのも事実ですよ。

研究・データ・計算も大事かもしれませんが、やはり施工側がしっかりしていなければ

構造躯体・軸組み・適材選定をしてはじめて大地震に耐えられる建物が出来てきます。

計り知れない物ですので、一つの基準を設けなくてはいけない事も分かりますけどね。

しかし、工期・予算共に今の時代にそぐわないので中々建てる方もいませんね。

寂しいものですね。

日本の風土に合っているのにね。

現在は空き家が目立ってきているので国の方針としては長く使うをモットーに

政策が進められています。

下手な中古物件でない限り私もそれが良いと思いますね。

心配なら私みたいな大工に査定してもらうのも安心感を得る事が出来ますよ。

新築に拘らずに良い物件を購入してリフォームをし月額押さえて長く住むのが

賢い人ではないでしょうかね。

私も築20年の金融公庫物件を購入して古民家風にリフォームして住んでおりますよ。

さて、来週からは静岡でリフォーム工事に入ります。

屋根造作工事


下屋敷門は屋根造作に取り掛かりました。

色を付けられてしまって少し残念・・・・・

明日は埋め木や細かい作業をして板金屋が施工後板野地を張って

木工事は完了です。

3月1日からはリフォームに戻ります。

建て方


今日天気が心配でしたが無事、下屋敷門建て方しました。

午後には検査です。

誤差1mmを指摘されたのですが柱脚が固定されていないので

頭が動いてしまうので柱脚が固定され次第もう一度水平を見て固定します。

明後日に腕木・出桁を取り付け屋根造作です。

屋根材も瓦・板金仕様では無く板張り野地です。

確かに古さは出るでしょうけど対応年数はどうなんでしょうね?

仕様が決まっているのでしおう(仕様)がないか(笑)親父ギャグ・・・・

Page 1 of 5512345...102030...Last »