森田建築は日本の伝統工法、こだわりの本格木造注文住宅を創ります。

トップページ » 親方ブログ

広告チラシ配布


6月24日(土)25日(日)の築年経過見学会のチラシ配布を開始します。

6月16日の新聞折り込み広告に先がけて見学会場近隣様には

先行してチラシ配布しますので新築予定のお客様をはじめ

リフォームをお考えのお客様も是非ご参加下さいますようお願いします。

見学会は完全予約制となりますのでお早目のご連絡お待ちしております。

 

リフォーム現場の下見


今日はリフォーム現場へ下見へ行ってきました。

昭和47年築ではなく昭和49年築でした。

増築を繰り返している為、築年数も色々でした。

おもに水廻りを中心に下見、寸法とりを行いました。

案の定既存風呂の形が台形となっていて寸法もユニットバスを

据えるには厳しいものとなりました。

しかし、手が無いわけではないので明日業者と打ち合わせをして

決定する意向です。

難しいリフォームでは長年の知識と経験と技術がものを言います。

各業者に私の方法論と意向を伝え検討して見積もりです。

お待たせせずに伺いますので宜しくお願いします。

 

12年前の想い(工事完了)


子供部屋壁仕切り工事が完了しました。

以前の雰囲気を残したいとのご希望があってので桧柱と桧筋交いは表しにしました。

クロス業者も大変でしたが、上手に施工しました。◎

これで息子さんにも部屋が出来ました。

工事途中でも友達を連れて来て大変喜んでいましたね。

お父さんお母さんが作ってくれた子供部屋、大切に使ってください♪

 

リフォーム依頼


今日はリフォーム依頼が。

事務所にお越しいただいて図面を受け取りそのままご相談。

話を聞いてみた所、中古住宅購入にあたり風呂を改装したいとの事でした。

購入物件はというと!昭和47年築

耐震補強が必要ですね。さてどうしましょうか。

図面だけでは判断できないので6/7にまずは現場視察。

6/9に業者を伴い現場調査です。

概算見積もりはすでに提出済み、現場調査で価格が確定します。

入居希望が6月末となります。

迅速な対応と確かな施工の当社にお任せ下さい。

 

12年前の想い


明日からリフォーム工事に入ります。

このお宅は私が森田建築として独立して初めて請け負った新築です。

当時打ち合わせの時 「今後子供がもう一人増えた時のためにこの壁を仕切り、子供部屋として使えるようにしておきましょう。」と言って軸組を考えて施工しました。

あれから12年、月日が経つのも早く施主さんにも2人目の子供もできて成長もしました。

「ちょっと相談があるのだが」と。

「ここを壁にして子供部屋にしたい」

!それを聞いて私は、12年前打ち合わせした時に言っていた事がついにおとずれたのかと。

当然、軸組みや施工は頭の中に入っているので現場調査をするまでもありませんね。

改めて当時そのように施工をしておいて良かったなと思いました。

解体工事も不要で、ましてや他に作り変える所もありませんのでコストも削減です。

環境の変化や子供の成長により生活スタイルは日々移り変わっていくものです。

目先の安さ・早さに捉われず計画を練り如何にランニングコストが掛からないように

先を見据え考えていくか。

それには自分に合った家づくりとそれを任せられる住宅会社を選ぶことが大事。

同じ価格で家づくりをしたのであれば確実に当社の方が優れた

良い家づくりが出来ます。

先のブログでも告知しておりますが、築年数経過後の当社施工物件を見て頂ければ

その違いが伝わると思っております。

昔の事を思い出した瞬間でしたが、当時の思いを込めて工事の方入らせていただきます。

 

 

 

 

 

Page 1 of 3712345...102030...Last »